CentOS8にNginxの安定版をリポジトリからインストールする方法

投稿者: | 2020-08-12

今回はCentOS8にWebサーバで有名なNginxの安定版をリポジトリからインストールする方法について説明します。

実施環境

OS CentOS8
Nginx 1.18.1

Nginxとは

Nginx(エンジンエックス)は2004年にイゴール・シソエフによって公開されたオープンソースのWebサーバです。処理性能や並列処理に強く、リバースプロキシ、ロードバランサ等にも使用できるのが特徴です。

2020年7月現在、Netcraft社の調査ではWebサーバのシェアで世界で1位となっており、世界中のWebサービス等で使用されているWebサーバとなっています。

Nginxのリポジトリの設定

今回はNginxの安定版をリポジトリからインストールするため、初めにリポジトリファイルを編集します。

・yum.repo.d配下にNginx用のリポジトリファイルを作成する
# vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

■nginx.repo
-----------------------------------------------------------
[nginx-stable]
name=nginx stable repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/ 
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key
module_hotfixes=true
-----------------------------------------------------------

Nginxのインストール

リポジトリファイルの編集後、dnfコマンドを使用しNginxをインストールします。

・Nginxをインストールする
# dnf -y install nginx

インストール後、Nginxのバージョンを確認するコマンドを実行し、インストールしたバージョンが表示されることを確認します。

・Nginxのバージョンを確認する
# nginx -V
nginx version: nginx/1.18.0
built by gcc 8.3.1 20190507 (Red Hat 8.3.1-4) (GCC)
built with OpenSSL 1.1.1c FIPS  28 May 2019
TLS SNI support enabled
--- 省略 ---

また、Nginxをパッケージ(リポジトリ)からインストールした場合に導入されるモジュールは以下のとおりとなります。

-----------------------------------------------------------
--prefix=/etc/nginx 
--sbin-path=/usr/sbin/nginx 
--modules-path=/usr/lib64/nginx/modules 
--conf-path=/etc/nginx/nginx.conf 
--error-log-path=/var/log/nginx/error.log 
--http-log-path=/var/log/nginx/access.log 
--pid-path=/var/run/nginx.pid 
--lock-path=/var/run/nginx.lock 
--http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp 
--http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp 
--http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp 
--http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp 
--http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp 
--user=nginx --group=nginx 
--with-compat 
--with-file-aio 
--with-threads 
--with-http_addition_module 
--with-http_auth_request_module 
--with-http_dav_module 
--with-http_flv_module 
--with-http_gunzip_module 
--with-http_gzip_static_module 
--with-http_mp4_module 
--with-http_random_index_module 
--with-http_realip_module 
--with-http_secure_link_module 
--with-http_slice_module 
--with-http_ssl_module 
--with-http_stub_status_module 
--with-http_sub_module 
--with-http_v2_module 
--with-mail 
--with-mail_ssl_module 
--with-stream --with-stream_realip_module 
--with-stream_ssl_module 
--with-stream_ssl_preread_module 
--with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Werror=format-security -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -Wp,-D_GLIBCXX_ASSERTIONS -fexceptions -fstack-protector-strong -grecord-gcc-switches -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-cc1 -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-annobin-cc1 -m64 -mtune=generic -fasynchronous-unwind-tables -fstack-clash-protection -fcf-protection -fPIC' 
--with-ld-opt='-Wl,-z,relro -Wl,-z,now -pie'
-----------------------------------------------------------

もしインストールされるモジュールをカスタマイズしたい場合は、Nginxのソースファイルをダウンロードし、configureのオプションで導入したいモジュールを指定した上でソースインストールをしてください。

Nginxの起動、自動起動の設定

Nginxのインストール後、Nginxの起動および自動起動をします。

・Nginxを起動し、自動起動を設定する
# systemctl start nginx
# systemctl enable nginx

動作確認

Nginx起動後、ブラウザで「http://<Nginxを導入したサーバのIPアドレス>」を入力し、NginxのWelcome画面が表示されればインストール完了です。