AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsを受験した感想

投稿者: | 2020-09-12

今回は、9月12日(土)に受験したAZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsの感想や勉強方法について記述します。

Microsoft Azure Fundamentalsとは

・Exam AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals

https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/exams/az-900

Microsoft Azure Fundamentalsとは、Microsoftが提供しているパブリッククラウドサービス・Azureの認定資格の一つです。

試験内容としては、クラウドの概念や種類、Azureの基本的なサービスについての理解、Azureのセキュリティやコンプライアンス、料金体系やサポート等について問われます。

試験料金については、日本円で税込み13,750円(12,500円+税)となります。最近では、無料のバウチャーチケットが貰えるMicrosoft主催のAzure Fundamentalsのウェビナーがあったりします。

Azureの資格試験では基礎の分類となりますが、クラウドの概念や基本的な知識、Azureの基本的なサービスの理解等の証明となることや、AzureのAssociate資格の足がかりに役立つ内容となっています。

勉強期間

勉強期間は約2週間程度取りました。勉強時間は30~35時間程度だったかと思います。既に他のパブリッククラウド製品を使用している方や実務でAzureを使用している方であれば、もう少し短い時間で大丈夫かと思います。

使用した教材

Microsoft Azure Fundamentalsに使用した教材は以下のとおりです。

Microsoftが提供しているAzureの基本的なことを学べるトレーニングです。Microsoft Azure Fundamentalsの範囲にもなっており、クラウドの概念や知識、基本的なサービスの概要等を学べる内容です。また、Azureの基礎は無料で受けられます。

既にAzureに慣れている方であれば、こちらの内容だけでも十分合格可能かと思います。

Microsoft LearnはMicrosoftが提供しているオンラインのトレーニングです。Azureの各サービスも簡単なチュートリアルで手を動かしながら勉強できるのが特徴です。また、Microsoft Learnのチュートリアルではサンドボックスを使用した環境でチュートリアルを試すことができるため、Azureの料金を気にせず試すことができるのがとても良いです。

Azureの公式ドキュメントです。Azureの基礎やMicrosoft Learn、書籍で足りない部分や詳細に知りたい部分についてはドキュメントを読むと良いかと思います。

・合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集

https://amzn.to/3irZpEc

リックテレコムより出版されている、Azure Fundamentalsの対策本です。各章の最後の確認問題や模擬試験などが多めにあるため、Azureの基礎のトレーニング等で不安な方は使用すると良いかと思います。

勉強方法

勉強方法は以下の順番に進めていきました。

1.Azureの基礎を一通りやる

Microsoftが提供しているAzureの基礎に沿って、クラウドの概念や知識の勉強からAzureアカウントの作成、基本的なリソースの作成等を行いました。トレーニング内の動画コンテンツについても、日本語字幕がついているため、英語がダメな人でも大丈夫なのはありがたかったです。

2.対策本で知識を固めつつ問題を解いていく

Azureの基礎を一通り読んだところで対策本を使い、知識の定着と確認問題等で試験の感覚に慣れていきます。リックテレコムの対策本は確認問題や模擬試験が多く、勉強したことを試すには良い教材です。Azureの基礎や対策本の内容をちゃんと理解していれば、模擬試験1回目でも問題なく解けるかと思います。

3.足りない部分をMicrosoft Learnやドキュメントで補う

Azureの基礎、対策本で少し足りないと感じるのであれば、Microsoft Learnにも試験範囲のサービスのチュートリアルがあるため、そちらをやってみるのが良いかと思います。基本的な操作以外に細かいところを勉強したい場合は、特定のサービスのドキュメントを読んで知識を固めていくと良いかと思います。試験ではAzureの基礎や対策本には無い細かい内容を問われる問題も一部あるため、少し踏み込んでおくだけでも安定感が出るかと思います。

試験について

9月12日(土)、都内某所のテストセンターで受験しました。テストセンターでいつもの同意事項の記入、顔写真の撮影を行い試験会場に入りました。

試験の概要は以下のとおりでした。

  • 試験時間:60分
  • 問題数:32問(このあたりは○○問から○○問という感じで幅がありそう)
  • 合格点:700点以上

試験の問題形式は以下のような内容が出題されました。

  • 単一選択問題
  • 複数選択問題
  • リストの選択肢を選び文章を作る問題
  • 文章に対しはい・いいえで回答する問題
  • ドラッグ・アンド・ドロップで内容に一致するものを選ぶ問題

問題の難易度としては、ひねった問題はそこまで見られず、基本的な内容や手を動かしたり対策本を見ていれば答えられる問題がほとんどでした。一部ドキュメントの細かいところやAzureの基礎や対策本に掲載されていないような内容もありましたが、Windows関連の知識があればなんとなく解ける感じでした。

試験時間は60分でしたが、勉強していれば回答は20~25分で終わる内容でした。管理人は見直しも含めて30分程度で試験終了のボタンをクリックしました。

試験結果

試験結果は以下の通りです。

■試験結果

合格

■得点

840点

■各セクションの結果

クラウドの概念の理解 100%
コアAzureサービスの理解 84%程度
セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信頼 82%程度
Azureの料金とサポートの理解 80%程度

受験した感想

Microsoft Azure Fundamentalsを受験して、改めてクラウドの概念や知識を学べたことや、Azureの基本的なサービスや料金、サポート体制について知ることができたのは良かったです。

その反面、Azureの深い内容まで問われていないため、Azureができるというアピールとして使うには弱い資格でもあると感じました。Azureできます、とアピールするのであれば、Azureの資格で人気のあるAZ-104:Microsoft Azure Administrator等を取得するのが良いと思います。

ただ、Microsoftの資格試験に慣れるためやAzureのAssociate資格への足がかりとして使うには良い試験かと思いますので、実務でAzureが必要な方や他クラウド製品を使用している方がAzureについて知りたいという場合には受験してみると良いかと思います。