ホストOSからVirtualBoxの仮想ホストにSSHで接続する方法

投稿者: | 2020-04-04

今回はホストOSからVirtualBoxで起動している仮想ホストに対し、ターミナルソフト・Tera Termを使用してSSHで接続する方法を説明します。

実施環境

ホストOSWindows 10 Pro
仮想マシンCentOS8

VirtualBoxの仮想マシン作成

今回はVirtualBoxの仮想マシンが既に作成されている前提で進めます。VirtualBoxのインストール、仮想マシンの作成がまだ終わっていない人は、下記の記事よりインストール作業を行います。

Windows環境にVirtualBoxをインストールしCentOS8を導入する方法

また、今回はターミナルソフトのTera Termを使用するため、こちらのインストールがまだ終わっていない人は下記リンクよりインストールを行ってください。

Tera Term

仮想ホストのネットワークアダプターを設定

VirtualBoxを起動し、SSHで接続する仮想マシンを選択し「設定」をクリックします。

vbox_top2

「ネットワーク」から「アダプター2」タブを選択し、下記設定を行います。

ネットワークアダプターを有効化(E)チェックをつける
割り当て(A)ホストオンリーアダプター
名前(N)VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter

仮想ホストのIPアドレスを調べる

一度VirtualBoxで仮想マシンを起動し、下記コマンドでIPアドレスを調べます

# ip addr show

設定で追加したネットワークアダプター2のIPアドレスをメモしておきます。管理人の環境では192.168.56.101と表示されていますが、環境によってIPアドレスは変わります。

Tera Termから仮想ホストに接続

Tera Termを起動し、メモをとった仮想マシンのIPアドレスで接続します。

vbox_network

初回ログイン時にssh_known_hostsの認証が求められるため「はい」をクリックします。

認証後、ユーザ名とパスフレーズの入力を求められるため入力します。

vbox_network4

ログイン後、コンソール画面が表示されればSSH接続成功です。

まとめ

ホストOSから仮想マシンにSSHで接続することで、VirtualBoxの画面切り替えを行わなくても良くなったり、WinSCP等のソフトウェアでファイルの受け渡しができたりするため、仮想マシンで行えることの幅が広がります。

また、今回は1つの仮想マシンでSSHの接続を行いましたが、複数の仮想マシンを起動しSSH等の接続を行うことで、より仮想化環境のイメージを作りやすくなりますので、VirtualBoxを使うのであれば抑えておきましょう。